HOME>info>消えない目の下のクマの原因とは?治療で若返る方法

クマのタイプと原因について

目の下にできるクマには実は4つのタイプがあります。その原因やよくあるQ&Aについて見てみましょう。

目元のクマに関するQ&A

クマがメイクでも隠せないのですが…

肌のくすみなどはファンデーションなどでカバーすることができますが、黒いクマは影が原因なので、隠そうとするとかえって厚塗りになって目立ってしまいます。他にも青色のクマや茶色のクマはオレンジ系やイエロー系の明るいコントロールカラーを使えば上手くメイクして隠すことができますよ。

目元のクマが消えないのですが

目の下にできるクマには実は4つのタイプがあり、それぞれに合ったケアが必要となります。なので、青や茶色、赤や黒などタイプに合わせて治療を行う必要があります。

目元に赤いクマができるのはどうしてですか?

赤色のクマの原因は、目の周りにある筋肉が内側から押し出されることで、皮膚の下に赤く透けて見えるのが理由です。黒クマと同時に起こりやすく、皮膚を引っぱると赤みが強くなります。

治療が必要な種類

女性の目元

目の下のクマは、主に4つの種類に分類されます。まず1つ目が青いクマです。青いクマは、寝不足や疲れ、冷えなどが原因でできるクマとされています。次に赤いクマです。赤いクマの原因は、目の下の脂肪が多いことによって肌がたるんでできるクマです。この2つのクマは、マッサージ効果によって解消することができます。その他には、コラーゲンや皮下脂肪の不足でくぼみが出来て黒いクマになっているもの、マッサージなどで刺激しすぎて色素沈着してしまった茶色いクマなど自己ケアでは改善が難しいものがあります。目の下のクマは疲れて見えたり不健康そうに見えたり、実年齢より老けて見られるといった悩みに繋がります。ですが、早めに専門的な治療を受ける事で改善し、悩みを解消する事が可能です。

症状に合った治療法

女性

黒いクマ、茶色いクマ等の目の下のクマは美容外科や美容皮膚科で治療を受ける事でなくせます。ただし、美容目的の治療で保険適用外になるので注意が必要です。原因によって治療法が異なるので、まずは自分がどの種類のクマなのか見分けることが大切です。ライトを上から当てるとクマが特に目立ったり、段差が目の下にあって影ができていたりするなら黒クマ、目の下を引っ張ってみても色が変わらなければ茶クマです。黒クマは膨らみやたるみの原因になっている脂肪を下まぶたの裏側にある小さな穴から取り出します。線やくぼみが出た場合にはコラーゲンや脂肪を注入します。茶クマはレーザーや薬での治療法があります。

広告募集中