目元のクマはなぜできる?

朝起きて目元にできているクマ。皆さんも経験ありますよね。ではなぜクマができるのかなど、よくある質問を見ていきましょう。

目のクマに関するQ&A

朝起きた時のクマはなぜできるんでしょうか?

朝起きた時に出来ている目の下のクマは、むくみが主な原因となっている場合がほとんどです。さらにもともと目元に黒いクマがある人はむくみによりさらにクマが目立つことになってしまいます。なので、むくみの原因となる水分や塩分の摂り過ぎに注意して、適度な運動と睡眠を心がけるようにしましょう。

目元のクマは遺伝の影響が関係しますか?

目元のクマは目の周りの骨格や構造によっても影響して起こりやすくなるので、遺伝が関係ないとは言い切れません。ただ、体質などを改善することでクマを改善することもできますよ。

歳をとるとクマがひどくなりますか?

目元は加齢によりシワやたるみ、眼窩の脂肪の減少や筋肉のゆるみなどダメージを受けやすい部分でもあります。なので、元々の目の周りの構造にもよりますが、目元のクマなどは加齢によりどんどん目立つことが予想されます。

女性の目元

腸内環境が悪い

目の下のクマは、寝不足で疲れが取れない時にできやすいものですが、だからといって全員にできるわけではありません。では、目の下のクマができやすい人の特徴はどのようなものがあるのでしょう。まずあげられるのは、腸内環境が悪い人です。腸内環境が悪いと、血流の流れも悪くなります。そうすると、うっ血した血液が皮膚を通してクマのように見えてしまうのです。次にあげられるのが、目をこすったり紫外線を浴びたりするなど目の周りに刺激を与えている人です。皮膚は刺激が加えられると炎症を起こし、色素が沈着してしまいます。それが、茶色くクマとなって現れるのです。そして、歳を重ねている人も、クマができやすくなります。加齢によって筋肉が衰え皮膚がたるむと、くぼみやシワに黒く影が落ち、黒いクマとなって現れてしまいます。涙袋が大きい人にできやすいのも特徴です。

注入やレーザー治療がある

目の下のクマの改善に効果のある美容整形の治療法は、主に4つの方法があります。1つ目は注入法で、たるみやしわによる影を消すためにヒアルロン酸や血小板を注入します。目の下がふっくらして影が無くなり、クマを消すことができるでしょう。2つ目はレーザー治療で、色素沈着が原因の茶クマに効果的です。メラニンに反応するレーザーを照射して色素沈着を解消します。3つ目は光治療で、肌のたるみを改善して黒クマを解消したり、うっ血を改善して青クマを治したりする作用もあります。4つ目はたるみ取りの外科手術で、たるんだ皮膚を改善して黒クマを解消したり、下瞼の脂肪をとってふくらみをなくし影をつくらないようにしたりします。美容整形で改善する場合は、まずはカウンセリングで相談して、自分に合う治療方法を選ぶと良いでしょう。カウンセリングは無料なので、気軽に相談できます。

広告募集中